Updating texlive quito dating service

Rated 4.88/5 based on 556 customer reviews

省略 ...] installing to /home/hogehoge/R/i686-pc-linux-gnu-library/3.4/deldir/libs ** R ** data *** moving datasets to lazyload DB ** inst ** byte-compile and prepare package for lazy loading ** help *** installing help indices ** building package indices ** testing if installed package can be loaded * DONE (deldir) * installing *source* package ‘phon R’ ... 手動で "Lenovo EMC Storage Connector" をインストールする(バージョン 1.1.2.26394(英語ページ))。(リンク切れ) となっていた。これは、アンインストールだ、と思ったが で回復できていた。 しかし、この時は、仮想マシンが起動しなくなってしまった。 症状としては、Virtualboxで仮想マシンにアクセスできない時の修復方法 - とろテク に似ていたので、新たに仮想マシンを別名で作成して、以前使用していたディスクイメージを選択し、 設定を済ませてから起動、その後で古い仮想マシンを手動で削除して事なきを得た。 慎重にやらないとディスクイメージが消えるので、バックアップを取りながらの作業となった。 その後、ホスト OS とゲスト OS で共有フォルダが 0. (hl3170cdwcupswrapper-1.1.2-1.i386から) hl3170cdwcupswrapper を展開しています... serial=******** -P /usr/share/cups/model/Brother/brother_hl3170cdw_printer_処理中にエラーが発生しました: force-all# This file was automatically generated by cupsd(8) from the # /etc/cups/file. HL3170CDW:\ :mx=0:\ :sd=/var/spool/lpd/hl3170cdw:\ :sh:\ :lp=/dev/usb/lp0:\ :if=/opt/brother/Printers/hl3170cdw/lpd/filterhl3170cdw: うまく動かない時は、「CUPS 用プリンタードライバーのインストール方法」 を読み直し、以下を確認する。 (1) "/usr/share/cups/model" フォルダの存在、 (2) "/var/spool/lpd" フォルダの存在、 (3) Su SE9.0 - 10.3 等を使用している場合、lppasswd コマンドで CUPS 用のパスワードを設定、 (4) Apparmorが動作している場合は、# aa-complain cupsd (5) SELinuxが動作している場合には、cups のセキュリティ設定が必要、 (6) 64bit版ディストリビューションの時は、(a) 32bit用ライブラリが必要 (例:glibc.i686(Fedora)、ia32-libs(Debian)、lib32stdc (Ubuntu))、 (b) "/usr/lib/cups/filter" フォルダがあることを確認し、 存在しない場合は、# mkdir -p /usr/lib/cups/filter さて、装置寿命「10万枚または5年間」を超えてどれくらい使えるだろうか。 ↑ を買ってみようと思った。 購入したのは、I・O Dataの LCD-MF234XPBR。 「最大解像度が1920×1080ドット、表示色数は1677万色、 コントラスト比は1000:1(ダイナミックコントラスト比8万:1) 視野角は上下/左右ともに178度で応答速度が中間色14ms(オーバードライブ時8ms)」 というのが、だいたいのスペック。およそ15,000円弱で、23インチというのは隔世の感がある値段だ。 本当は、27インチが欲しかったのだが、安かったのでこれで妥協した。 しかし、 の時とは違う可能性があることを意識して慎重に作業した。 以下、簡単に、そのステップをメモしておく。 まず、最新のファイルをチェックしようと思って、 エプソンアヴァシス株式会社のLinuxドライバー のページへ行くと、「2013/01/21 Linuxドライバーダウンロードサービス運営終了のお知らせ」があり、 セイコーエプソンダウンロードサイト へ誘導される。 結局、最新のドライバーは、 付けのもので、上記のものと同じだった。 (Scannerを接続した状態での前調査 (1) usb のチェック $ lsusb Bus 001 Device 003: ID 04b22 Seiko Epson Corp. Integrated Rate Matching Hub Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub$ sane-find-scanner ... この ubuntu kernel: [...] usb 1-1: new high speed USB device using ehci_hcd and address 2 ubuntu kernel: [...] usb 1-1: configuration #1 chosen from 1 choice ubuntu kernel: [...] Linux video capture interface: v2.00 ubuntu kernel: [...] uvcvideo: Found UVC 1.00 device USB Camera (056e:7006) ubuntu kernel: [...] usbcore: registered new interface driver snd-usb-audio ubuntu kernel: [...] input: USB Camera as /devices/pci00/00.0/00.0/usb1/1-1/1-1:1.0/input/input4 ubuntu kernel: [...] usbcore: registered new interface driver uvcvideo ubuntu kernel: [...] USB Video Class driver (v0.1.0) ubuntu kernel: [...] process `skype' is using obsolete setsockopt SO_BSDCOMPAT からインストール可能になる( 参照)。 [...]partnerリポジトリを有効にするには, [システム]→[システム管理]→[ソフトウェア・ソース]を開いて, 「 lucid partner」という行にチェックを入れるだけ[...]。 これで、 - Ubuntu 32 bit: install "libv4l-0" package and launch Skype with: LD_PRELOAD=/usr/lib/libv4l/v4l1skype - Ubuntu 64 bit: install "lib32v4l-0" package and launch Skype with: LD_PRELOAD=/usr/lib32/libv4l/v4l1skype ではないので、遅い。 0. This could be because the PPP kernel module could not be loaded, or because PPP was not included in the kernel configuration.

updating texlive-87

Clicking any of the above links will take you immediately to the appropriate search results.

ハイバネーションから復帰しなくなった原因 というメッセージから先に進まず、フリーズしてしまうと、 そこからは通常の方法では回復の手立てがない。電源を落として再起動しても、結局、同じところでフリーズする(だから、 電源再投入後 Grub に制御が移ったところで、上で挙げたように、noresume を指定して、swap にあるハイバネーションのデータを参照しないようにするしかない)。 そう、このメッセージは、ブート時のメッセージではなく、ハイバネーションの時のメッセージだ。 ハイバネーションから復帰しなくなった原因を今あらためて推測してみると、最初の場合は、 [email protected]:/home/knoppix# mkdir /mnt/data [email protected]:/home/knoppix# mount /dev/Vol Group00/Log Vol00 /mnt/data [email protected]:/home/knoppix# ls /mnt/data bin dev home lib lost found misc net proc sbin srv tmp var boot etc initrd lib64 media mnt opt root selinux sys usr)とは、 「生物が夏の高温乾燥の季節に活動を一時停止すること。」とあり、「カエル、カタツムリのある種では、水分蒸発を防護するため湿度の高い地中にもぐり、 集団で夏眠する。」とある。さらに、肺魚、その他昆虫類、ヒル、爬虫類などにも夏眠するそうだ。 コンピュータの場合には、「高温乾燥状態になって、眠ってしまう」という戦略は考えにくいですね。 「熱暴走」する危険性が、ある一定レベルを超えた時に、その状態を感知して夏眠する、という戦略はありかもしれません * ハードウェア要件 * 1GHz以上のプロセッサ。 * 256MB以上のRAM。 * ハードドライブ空き容量20MB以上。 * マイクとスピーカー、またはヘッドセット。 * インターネット接続 - ブロードバンドを推奨(GPRSは音声通話をサポートしません)。 * Xv対応のビデオカードドライバ。 * ソフトウェア要件 * Qt 4.2.1 * D-Bus 1.0.0 * libasound2 1.0.12 * Pulse Audio 0.9.10 (オプション) * Pulse Audio 0.9.15 (推奨オプション) に次のように認識されていた。 kernel: usb 1-5: new high speed USB device using ehci_hcd and address 75 kernel: usb 1-5: configuration #1 chosen from 1 choice kernel: Linux video capture interface: v2.00 kernel: uvcvideo: Found UVC 1.00 device USB Camera (056e:7006) kernel: uvcvideo: UVC non compliance - GET_DEF(PROBE) not supported. kernel: input: USB Camera as /class/input/input22 kernel: usbcore: registered new interface driver uvcvideo kernel: USB Video Class driver (v0.1.0) kernel: usbcore: registered new interface driver snd-usb-audio $ ffmpeg -f video4linux2 -s vga -i /dev/video0 ./temp/FFmpeg version 0.5.2, Copyright (c) 2000-2009 Fabrice Bellard, et al.

configuration: --prefix=/usr --incdir=/usr/include/ffmpeg --shlibdir=/usr/lib64 --libdir=/usr/lib64 --mandir=/usr/share/man --arch=x86_64 --enable-runtime-cpudetect --extra-cflags=-O2 -m64 -mtune=generic -fno-strict-aliasing -fno-schedule-insns2 --enable-bzlib --enable-libdc1394 --enable-libfaac --enable-nonfree --enable-libfaad --enable-libgsm --enable-libmp3lame --enable-libtheora --enable-libvorbis --enable-libx264 --enable-libxvid --enable-x11grab --enable-avfilter --enable-avfilter-lavf --enable-postproc --enable-swscale --enable-pthreads --disable-static --enable-shared --enable-gpl --disable-debug --disable-stripping libavutil 49.15.

** パッケージ ‘plotrix’ の解凍および MD5 サムの検証に成功しました ** R ** data ** demo ** inst ** preparing package for lazy loading ** help *** installing help indices ** building package indices ** testing if installed package can be loaded * DONE (plotrix) * installing *source* package ‘splancs’ ... ldconfig deferred processing now taking place Warning: Skipping conversion of scripts in package iscan-plugin-gt-f520: postrm Warning: Use the --scripts parameter to include the scripts. ldconfig deferred processing now taking place$ lsusb Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub Bus 002 Device 005: ID 046d:c52f Logitech, Inc. cid=926385 が開かれ、そこで辞書を選択してダウンロードすることになる。 (これがうまくいかない場合は、上記のURLを直接ブラウザで開き、辞書を選択して German (Austria) Deutsch (Österreich) German (de-AT-frami) dictionaries: spell checking, hyphenation, thesaurus German (Austria) Deutsch (Österreich) German dictionary, hyphenation, thesaurus (locales: de-AT only) German (Germany) Deutsch (Deutschland) German dictionary, hyphenation, thesaurus (locales: de-DE only) German (Germany) Deutsch (Deutschland) German old spell dictionary and old spell hyphenation patterns German (Germany) Deutsch (Deutschland) German (de-DE-frami) dictionaries: spell checking, hyphenation, thesaurus German (Switzerland) Deutsch (Schweiz) German (de-CH-frami) dictionaries: spell checking, hyphenation, thesaurus German (Switzerland) Deutsch (Schweiz) German dictionary, hyphenation, thesaurus (locales: de-CH only) の名前の前の2文字を取って名付けられたのだろう。) Zitat: Fri, 10/10/2008 - - Karl Zeiler ....

** パッケージ ‘splancs’ の解凍および MD5 サムの検証に成功しました ** libs gfortran -fpic -O2 -m32 -march=i686 -mtune=generic -fasynchronous-unwind-tables\ -fno-strict-aliasing -fno-schedule-insns2 -c areapl.f -o areapl.o make: gfortran: コマンドが見つかりませんでした make: *** [areapl.o] エラー 127 ERROR: compilation failed for package ‘splancs’ * removing ‘/home/hogehoge/R/i686-pc-linux-gnu-library/3.4/splancs’ ERROR: dependencies ‘splancs’, ‘deldir’ are not available for package ‘phon R’ * removing ‘/home/hogehoge/R/i686-pc-linux-gnu-library/3.4/phon R’ ダウンロードされたパッケージは、以下にあります ‘/tmp/Rtmpqu G52K/downloaded_packages’ 警告メッセージ: 1: install.packages("phon R") で: パッケージ ‘deldir’ のインストールは、ゼロでない終了値をもちました 2: install.packages("phon R") で: パッケージ ‘splancs’ のインストールは、ゼロでない終了値をもちました 3: install.packages("phon R") で: パッケージ ‘phon R’ のインストールは、ゼロでない終了値をもちました [... 0 Input #0, mov,mp4,m4a,3gp,3g2,mj2, from 'ae-32.mp4': Metadata: major_brand : mp42 minor_version : 0 compatible_brands: isommp42 Duration: .03, start: 0.000000, bitrate: 458 kb/s Stream #0.0(und): Video: h264, yuv420p, 540x360, 374 kb/s, 30 fps, 30 tbr, 60 tbn, 60 tbc Stream #0.1(und): Audio: aac, 44100 Hz, stereo, s16, 81 kb/s Output #0, mp3, to 'ae-32.mp3': Metadata: TSSE : Lavf52.64.2 Stream #0.0(und): Audio: libmp3lame, 44100 Hz, stereo, s16, 64 kb/s Stream mapping: Stream #0.1 - にセットして起動。 後はいくつかの質問に答えるだけだ。今回は、アップグレードということで、 以下の但し書きにしばし迷ったが、何もせずに強行してしまった(これが、 後で20〜30分程度の時間のロスにつながってしまった)。 インストーラを利用したアップグレードを行う場合は、Vine Linux 5x CD エディションからインストールされた環境でも、 DVD エディションの利用をおすすめします。 収録パッケージが多いため、より多くのパッケージのアップグレードが期待できます。 DVD エディションでのアップグレード処理が完了したあとに、 apt やsynaptic により残りのアップグレードを行う必要があります。 # apt-get update # apt-get -f install # apt-get dist-upgrade Vine Linux 用以外のパッケージ、商用ソフトウエアなどを利用している場合は、 正常にアップグレードできない可能性が高くなります。あらかじめ削除しておくことをおすすめします。サポート・免責 login-window (Vine Linux 6)" class="left" / (1) iscan-2.10.0-1.c2.i386359,714 バイト (2) iscan-plugin-gt-f520-1.0.0-1.c2.i386125,919 バイト (3) userg_rev G_579,156 バイト (4) iscan-2.10.0-1.md5 175 バイト (5) iscan-plugin-gt-f520-1.0.0-1.md5 147 バイト[sudo] password for xxxxxx: Warning: Skipping conversion of scripts in package iscan: postinst postrm preinst prerm Warning: Use the --scripts parameter to include the scripts. dpkg --no-force-overwrite -i iscan-plugin-gt-f520_1.0.0-2_i386未選択パッケージ iscan-plugin-gt-f520 を選択しています。 (データベースを読み込んでいます ... Wireless Mouse M305 Bus 002 Device 004: ID 056e:7006 Elecom Co., Ltd Bus 002 Device 003: ID 04f1f Brother Industries, Ltd Bus 002 Device 002: ID 8024 Intel Corp. 0 built on Jun 5 2010 , gcc: 4.1.2 (4.1.3 prerelease 20080708) (Vine Linux 4.1.2-21vl5) [video4linux2 @ 0x621a60][3]Capabilities: 4000001 Input #0, video4linux2, from '/dev/video0': Duration: N/A, start: 1276642589.987751, bitrate: -2147483 kb/s Stream #0.0: Video: rawvideo, yuyv422, 640x480, -2147483 kb/s, 1000k tbr, 1000k tbn, 1000k tbc Output #0, flv, to './temp/webcam-test.flv': Stream #0.0: Video: flv, yuv420p, 640x480, q=2-31, 200 kb/s, 90k tbn, 1000k tbc Stream mapping: Stream #0.0 - #0.0 Press [q] to stop encoding frame= 81 fps= 10 q=31.0 Lsize= 196k B time=11.06 bitrate= 145.0kbits/s video:194k B audio:0k B global headers:0k B muxing overhead 0.745091% Received signal 2: terminating. dict-de: spell checker by Franz Michael Baumann (Version: 2008-09-15), including hyphenation (Huggenberger / Naber) and thesaurus (Open Thesaurus, Version: 2008-10-03) - locales only: de-DE!

Leave a Reply